私たちが携わった最近の工事物件

神奈川県川崎市コーポS屋根防水工事【2】

2012年01月31日

前回、屋根から漏水すると依頼を受け、屋根防水工事に着手いたしました。
屋根防水工事施工前
施工までの流れは、まず屋根全体の調査を行い、屋根全体の老朽化が進行しており今後、他の箇所からも漏水する可能性があると診断、屋根全体の補修工事をお客様にご提案し、施工を開始いたしました。
▼施工内容
▽下地補修:防水材だけでは処理しづらい大きな隙間を「2液ウレタンノンブリード型シール材」でパテ埋め、下地補修。
ブリードとは塗膜がベタついてしまう現象で、ブリード化が進むと壁面に汚れが付着しやすくなり目地などが黒ずんでしまいます。ノンブリード材はそのブリード化を抑える働きをもっています。
2液ウレタンノンブリード型シール材下地補修
▽下塗り:有機溶剤特有の嫌な臭いがしない「環境対応型エコプライマー」を塗布、環境対応型で住宅街の周囲にご迷惑をかけません。
環境対応型エコプライマー塗布
▽中塗り:環境対応型屋根用防水材を塗布、2回塗りすることにより層の厚みがつき耐久性が上がります。
環境対応型屋根用防水材塗布
▽上塗り:環境対応型高耐久高反射タイプトップコートを塗布、高反射効果で室内温度が2~5℃下がり、節電対策にも効果的です。
環境対応型高耐久高反射タイプトップコート塗布
▽施工後:今回の施工期間は7日間で屋根全体の張り替えよりも施工期間が短く、コストを抑え、さらに屋根張り替え工事期間中に不安視される雨による漏水トラブルがない為、円滑に施工完了することができました。
屋根防水工事施工後
弊社は今後ともオーナー様、入居されている方はもちろん、近隣の方、環境への配慮を忘れない工事をこころがけます。
前の記事:
神奈川県川崎市コーポS屋根防水工事【1】