私たちが携わった最近の工事物件

品川区「Hマンション」外壁(タイル)漏水修理工事

2012年06月30日

工事物件の漏水原因は「タイル目地の老朽化によるクラック(ひび割れ)」です。オーナー様から「タイルに対して防水できる材料はある?」とのご要望を受けて、
タイル専用クリア防水材「フローンエコプラ乾燥」を使用して施工する運びとなりました。
施工前
この材料の特性は、

  • ① 広範囲の密着力。
  • ② 約3時間で乾燥、臭いも低臭。
  • ③ ホルムアルデヒド放散が最も少ないフォースター(F★★★★)

▼施工内容
タイル面を高圧洗浄し、汚れを落とした後、タイル専用クリア防水材を塗ります。
クリア防水材ですので、既存タイルの色、雰囲気を損ねることなく補修できます。

クリア防水材2回目塗りの様子です。耐久性が高い材料ですが、2回塗りすることで、より耐久性が増します。また、2回塗り込んでも、ムラの無い仕上げを可能にするのが、クリア防水材の特徴です。

ローラーでは塗り込めない目地を、コテを使用して、塗り込んでいきます。
一見すると地味な作業ですが、この目地部分をしっかりと防水することが、タイルの劣化、ひび割れを防ぐ重要な処理となります。

シール(つなぎ目)も、かなり傷んでおりましたので、打ち替え施工を行いました。
※下の写真は養生されている状態です。

▽施工完了:シール工事も含め、施工期間は5日間です。

今回使用した材料「フローンエコプラ乾燥」は、柔軟性と密着性を兼ね備えて、長期に渡り、クラック(ひび割れ)に追従します。気になる臭いも少ないので、周囲にかけるご迷惑を、極力抑えた施工が可能です。

ここが職人のこだわり

適材適所の材料選び

多種多様な材料の中から、最適な材料を選ぶ。今回はタイル防水&梅雨時期という環境を考察して、乾燥が速いタイル専用防水材料を選びました。
工事担当者