私たちが携わった最近の工事物件

品川区バルコニー防水工事(その2)

2013年01月21日

前回の施工品川区バルコニー防水工事(その1)の続きを掲載致します。
通気工法のマットを貼る為のプライマーを塗布します。マットをしっかりと密着させる為にたっぷりと塗り込みます。環境に配慮したエコプライマーを使用しているので有機溶剤特有のニオイはしません。▼
品川区バルコニー防水工事プライマー
続いて通気マットを貼ります。マットのジョイント部分はジョイントテープを貼ります。マットはしっかりと転圧ローラーを使い土間と密着させます。ジョイント部分やマットの端はしっかりと水が入らない様に目止め(シール材とウレタン材処理)をします。▼
品川区バルコニー防水工事通気マット
改修ドレンを取り付けます。排水溝(ドレン)周りは漏水しやすい場所なので改修ドレンを取り付け水の浸入を防ぎます。▼
品川区バルコニー防水工事改修ドレンを取り付け
次にマット下の空気を抜くための脱気筒を取り付けます。ウレタン層を膨れさせないためにも必ず取り付けます。脱気筒以外にも脱気盤という平らなものもあります。▼
品川区バルコニー防水工事脱気筒を取り付け
ウレタン層の厚みを付け強度を上げる為にガラスクロス(メッシュ)を立ち上がりに貼ります。マットにかぶせることによりマットの跳ね上がりをおさえ施工中の急な雨での漏水も防ぎます。▼
品川区バルコニー防水工事ガラスクロス貼り
引き続き施工途中の為、施工完了は後日掲載します。