私たちが携わった最近の工事物件

大田区Iビル防水工事(その2)

2013年02月12日

前回の施工、大田区Iビル防水工事(その1)の続きです。土間のプラスチック製の伸縮目地を撤去したところにウレタンシール材を充填します。
スポンジに似た素材のバッカーを隙間に埋めることによりシールの下の目地が空気の通り道になります。▼

水が入りやすそうな危険なところをシール材で埋め下処理します。▼

次に自着シート(通気工法用のマット)を貼ります。裏はアスファルト系の素材が使われているので黒い色をしています。▼

改修用鉛ドレンを取り付けます。ドレン周りは漏水しやす場所ですから注意して念入りに施工します。▼

次にメッシュ(ガラスクロス)を貼っていきます。クロスを貼ることで層の厚みが付き強度が増します。マットにかぶせる様に貼りマットの反り返りを防ぎます。▼

現在、施工中の為、進行状況は次回に掲載いたします。