私たちが携わった最近の工事物件

港区「N社」厨房塗り床防水工事

2012年04月30日

「老朽化した社員食堂厨房の床を塗り替えたい」とのご依頼を受け、床防水工事を致しました。
▽施工前の状況です。床の膜が剥がれてボロボロです。
厨房塗り床防水施工前
▼施工内容
▽下塗り:「水性プライマー(接着剤)」塗布。
水性なので溶剤系の強い嫌なニオイがなく、調理器具などにニオイをつけません。水性の微量なニオイでも気になる方もいらっしゃいますが、現在あるエコの材料では、これ以上のものはありません。
厨房塗り床防水下塗り
▽下地調整:既存の層との段差をなくす「厚塗り用不陸調整材」を使用。
この作業で、より平らでなめらかな仕上がりになります。
厨房塗り床防水下地調整
▽中塗り:中塗り材+骨材(滑り止め材)を使用し、コテで均等に塗布。
材料は衛生面に最適な「水性抗菌剤配合」のものを使用しています。
厨房塗り床防水中塗り
▽上塗り:上塗り材を均等に塗布し、丁寧に仕上げます。
厨房塗り床防水上塗り
▽施工後:厨房塗り床防水工事施工完了。工期は2日間。
厨房塗り床防水施工後1
厨房塗り床防水施工後2
社員食堂ということもあり、土日の定休日限定の施工となりましたが、既存を活かして、日数をかけることなく工事を行えました。(現場の状況、規模により工期日数は変ります。)

ここが職人のこだわり

衛生面・ニオイの配慮

「毎日社員さまの口に入る料理」が作られる厨房。
工事後、すぐに調理ができるのは当然として、
衛生面・ニオイに細心の注意を払って、工事を行いました。
工事担当者