私たちが携わった最近の工事物件

目黒区 マンション屋上ウレタン防水工事(その2)

2012年11月12日

前回の工事目黒区 マンション屋上ウレタン防水工事(その1)の施工追記です。
マットの膨れを防ぐためにマットの下の空気を逃がす脱気筒を取り付けます。▼
脱気筒取り付け
次に急な雨などでマットの下に水が入らないためとマットの穴をふさぐためにav-w(目止め材)を塗布します。▼
マット目止め
目止め材を1日おいて十分に乾燥させたらウレタン防水材を塗布します。
写真は1回目の塗布状況です。▼
ウレタン防水材を塗布
ウレタン1層目が乾燥したら2回目の塗布をします。2層で厚みをつけることで強度、耐久性が上がります。▼
ウレタン防水材を塗布2回目
最後にトップコート(ウレタン保護材)を擦れなどの塗り残しが無いようにたっぷり塗布し仕上げます。今回はグリーンを使用しましたが特注色もありますので環境に適した色を選べます。▼
防水仕上げ
施工完了です。工事期間7日間。▼
目黒区防水施工完了
手間のかかる工事ですが残留水分の多い改修工事に適した工法で施工させて頂きました。既存を撤去せずに行えますので撤去代がかからずに経済的なうえに長持ちもします。
関連施工⇒目黒区 マンション屋上ウレタン防水工事(その1)

ここが職人のこだわり

マットをしっかりと密着

マットをしっかりと密着させる為に転圧ローラーを入念にかけました。準密着の為、この工程(転圧ローラー)が甘いと後から浮いてしまいます。
工事担当者