私たちが携わった最近の工事物件

中央区「Kビル」【2】足場不要のロープ外壁補修工事

2012年09月30日

今回の工事は足場を組むことが困難なビルとビルの間でした。その為に足場不要のロープを用いた外壁補修工事を行いました。
足場が不要の為、足場費用がかからず、さらに工期も短期で終えるのが、ロープ工事(無足場工事)の強みです。写真は外壁の落下防止の注入工事。外壁内部にできた空洞部分(浮き)を埋める注入材を注入している施工状況です。
外壁ロープ工事注入
注入材を入れた穴にステンレスの全ねじピンを挿入します。ねじを入れることで注入箇所に圧力がかかり強度が増します。▼
ロープ工事全ねじ挿入
下の写真を見てて頂くとわかりますように、今にも落ちそうな大きな爆裂(鉄筋が見えてる欠損)が見つかりました。※ポリマーセメントモルタル材を使用し補修を行います。※ポリマーセメントモルタル材の特徴は、鉄やコンクリートと同じ無機質系材料である為、施工対象外の外壁と馴染みやすく、仕上がりが綺麗になります。
ロープ工事破損爆裂状況
ロープ作業に関わらず、工事の基本として「安全第一」慎重に施工します。写真はモルタル材をコテを使用し平滑に仕上げている施工状況です。▼
ロープ工事モルタルコテならし
こちらは別の欠損、破損箇所です。建物自体の老朽化と地震の影響でかなり傷んでいました。写真は空洞部分(浮き)をハンマーで斫り(削り取る)をしているところです。▼
ロープ外壁工事はつり
コテを用いて匠に欠損部を平滑に仕上げます。経験が物を言う「職人の腕」の見せ所です。▼
外壁ロープ工事コテならし2
施工完了。工事期間10日間。▼
※写真は乾燥前の状態です。乾燥後、周りの外壁と馴染みます。
外壁ロープ工事施工完了
ロープでの高所作業でしたが近隣の皆様のご理解、ご協力を頂いたおかげてスムーズに施工できました。
我々は安全性のある施工を常に心がけ、これからも日々精進していきたいと思います。
関連施工⇒中央区「Kビル」【1】 天端防水工事

ここが職人のこだわり

無足場でもしっかりとした補修工事

今回の工事は足場を使わないロープを用いた補修工事。
難易度の高い工事ですが、職人の経験を活かして、足場がある施工と変わらないしっかりとした補修施工を行いました。
工事担当者