私たちが携わった最近の工事物件

品川区バルコニー防水工事(その3)

2013年01月28日

前回の施工品川区バルコニー防水工事(その2)の続きを掲載致します。
環境対応型ウレタン防水材1層目塗布状況。ローラーで均等に塗ります。▼
品川区バルコニー防水工事1層目塗布
立ち上がりは入念に2~3回、下地メッシュ(ガラスクロス)の目が消えるまで塗ります。▼
品川区バルコニー防水工事立ち上がり塗布
ウレタン防水材2層目を塗布します。写真は施工後です。下地の自着マットも綺麗に消えてます。▼
品川区バルコニー防水工事2層目塗布
最後に環境応型シリコン系トップコート(ウレタン保護材)を塗布します。シリコン系のトップコートは通常の材料に比べ、費用が割高ですが、ウレタン保護が長持ちします。
(※環境により保護期間は異なります)▼
品川区バルコニー防水工事トップ塗布
施工完了です。工事期間5日間。▼
品川区バルコニー防水工事施工完了
通気工法の防水工事は密着工法よりも費用は割高ですが膨れを防ぎ長持ちします。

ここが職人のこだわり

「入念な転圧」

下地マットを貼った後に上から転圧ローラーで何度も繰り返し転圧し、土間とマットをしっかりと密着させ膨れ(土間とマットの空洞)を無くします。
工事担当者